阪急豊中駅、瞑想と鍼灸ZEN治療院のブログ

大阪府阪急豊中駅徒歩1分、瞑想と東洋医学。ZEN治療院のブログです。

その疲れ、「慢性疲労症候群」では??

どうも、阪急豊中駅徒歩1分、鍼灸(はり•きゅう)治療ZEN治療院の村中です(^^)

 

最近春らしくなってきましたね。

この時期は人間のみならず、色々な生き物の生命力が活発になり新しい事に挑戦したりしたくなる時期ではないでしょうか。

しかしあと一ヶ月もすればあらわれる「五月病」、倦怠感。今日は多くの人が抱える疲労の正体について少し書きます。

 

人の体内時計は24時間より短く、睡眠や、日光を浴びるなど、きちんと三食食べる等、規則正しい生活をすることによって保たれています。

しかし現代人はみな忙しく、睡眠時間の不足、不規則な食事時間などが原因で体内時計がバラバラになっていき、結果夜寝付きにくい、または寝れたとしても眠りが浅いといった事がおきます。

また帰宅途中にコンビニやスーパーで夜明るいライトに当たる事、または寝る前のスマホいじりでブルーライトを浴びるなども寝付きを悪くする原因の一つになります。

そんな夜十分な休息がとれなかった体は、次の日十分に活発に活動できず。最終的に夜は眠りが浅く、昼は倦怠感といった症状を引き起こします。

 

またこのような生活が続くと気分が悪い、疲労感、食欲、集中力、思考力の減退。うつ症状まで引き起こしてしまいます。

 

f:id:muranak:20170405195721p:plain

 

このような疲労感を断ち切るためにまず体内の生活リズムを改善させていかなければなりません。そのために例えば朝に太陽の光をしっかり浴びる事が良いとされています。

また私たちの身体活動に大きく影響するホルモンの存在。もちろん睡眠に関するホルモンもあります。睡眠に大きく関与するホルモンは『メラトニン』というホルモンです。

実はこの「メラトニン」鍼灸治療によって分泌が高まる事が証明されています。

 

規則正しい生活と、しっかりとした治療。

からだが正しい方向に向かうのをお手伝いする役割が鍼灸治療にはあります。

きちんとした体内のリズム、ホルモンバランスをしっかり取り戻し、毎日健康で過ごす事ができるよう今日も患者さんの治療にあたっています。

 

 

鍼灸で体を健康に。メディテーション(瞑想)で心を晴朗に。

ご予約、お問い合わせはこちらまで(^ ^)

09060527654

info@zen-treatment.com

HP

http://zen-treatment.com